薬剤師の仕事内容とは?

薬剤師とは医師と同じように薬の知識を持った調剤のプロです。薬を作るだけではなく、患者さんに体調を確認したり、他の薬と重なったりしていないか、薬の副作用などを考慮して医師が間違った処方をしていないかなどの薬の管理をする必要もあります。
では、薬剤師の仕事は具体的にどのようなものなのでしょうか?
薬剤師は、総合病院など院内で薬を調剤している場合と、近くの調剤薬局で薬を調剤している門前薬局と種類があります。
場所は違っても仕事内容は変わりません。まず、医師から薬の投薬指示が出てきます。この指示をみて病気に対する薬と間違いがないか、体重や年齢によって薬の量の間違いがないかの確認をします。
間違いがないと確認できた場合には調剤が開始されます。調剤時には決して間違いがあってはいけませんので、慎重に何度も確認を取ながら調剤をします。
調剤が出来たらお会計をします。お会計時には患者さんにマンツーマンでお話を聞き、今回の体調不良の内容、処方されている薬の内容、他の病院や薬局で飲んでいるお薬があれば、お薬手帳を提出してもらい、すべて記録をとります。そこで万が一飲み合わせが悪かったり、重複した効能の薬があれば、医師に再度確認して、薬の変更や削除の依頼をします。
そういった事がなければ、患者さんから質問をうけたりして、問題なければお会計を済ませて終了になります。
そのほかにも、薬の在庫の確認や処方箋の間違いがないかと再度確認したりと忙しく仕事が残っているので、ミスがないように確認する必要があります。
薬剤師は慎重かつ正確にスピード感も大切な重要な職業だとされています。